留学するために必要な手続きや勉強法など
category: 留学日記
tags:

欧米では、一時期若年層のアルコール依存症や、
若い主婦のキッチンドランカー問題が話題になったことがありましたが、
日本でもアルコール依存の問題は深刻です。
核家族化や孤独化により隣近所の様子が見えなくなっているので、
より事態は深刻化しているような気がします。
先日、アメリカの大学でアルコール依存についての講義があったことを知人から聞き、
私も井之頭病院でアルコール依存についての話を聞きにいくことにします。
後日記事に出来ればと思います。

category: 留学日記
tags:

知人の子供がアメリカに行くということで、荷物やらなんやら梱包を手伝いました。
なんだかんだで、以外に荷物があるんですよね。(米やら日本食が結構あった)
荷物をどうするのか聞いたら、「チャーターした」というので、
話題の飛行機チャーターか?!と思って吃驚しました。
あれ、1億円位するらしいんですよ。
お金持ちだなぁ。と思っていたら、チャーター便の間違いでした。
飛行機ではなく、トラック。
その後、空輸だか海輸だかで。…
節約出来る所はしないとね。

category: 留学日記
tags:

アメリカの大学に留学中のSちゃんのお父様が亡くなられて、
急きょ日本に帰ってきたとの連絡を受けました。
私でできることは手伝おうとSちゃん宅に向かったところ、
故人の遺志で直葬するようにといわれたのだそうです。
直葬とは、葬儀を行わず、火葬のみをとりおこなうことをいいます。
Sちゃん宅は江東区にあるので、私がかわりにいろいろ調べてみたところ、
江東区では火葬のみをおこなう葬儀屋はそれほど多くなさそうです。
無事故人を送れるように協力しようと思います。

category: 留学日記
tags:

アメリカでの生活の場合、最初から一人で何でもやろうと考えると大変です。
サポート役の方を探しておくと絶対損はないのです。
まず、留学の場合などは、学業が本分ですから
それ以外は徐々に覚えよう位がいいと思います。
以前、アメリカで部屋を借りていた知人は、漏水が起こって大変慌てたけど、
信頼出来る人がいたのですぐ来てもらって業者の手配やらなんやらしてもらい、
本当に助かったと言っていました。
できたらあっちに行く前、駄目ならあっちに行ってすぐに一人、
頼れる人を見つける事が生活をスムーズにしてくれる鍵ですね。

category: 留学日記
tags:

アメリカ留学中の甥っ子から国際電話がかかってきた。
時間が時間だったため、うわ、急病か事故かとどきっとしたが、
話をきいてみると台所の排水がつまり、水が溢れているらしい。
本人が無事でほっとしたが、さあ、水漏れをなんとかせんといかんので、
とりあえず、水道の元栓を探させることに。
3分ほどで見つかり、水は止まったので、階下に迷惑がかからないように、
家じゅうのタオルやシーツを総動員させて水を吸い取り、朝まで待つように伝えました。
甥っ子が住む地域は24時間対応の水道工事業者がないようだったので。

category: 留学日記
tags:

日本でも外国系の学校に通っていたりすると、気軽に留学出来たりします。
私の会社の同僚は、社会人になってからMBA取得のため留学しました。
留学するだけなら比較的楽に出来ますが、
しっかり目的を定めて行かなければ無駄なのは言わずもがなですね。
最近では、長期であちらに留学する人は渡米前に居住調査をする人もいるとか。
治安などの勉強以外の不安を先に潰しておくのですね。
何でも屋」の知人にはそういう依頼がたまに来ると聞きました。
どうせ留学するなら遊学にならならないようにしたいですね。

category: 留学日記
tags:

仕事の関係で富山県に出張に行きました。
現地で紹介された方に親鸞会の方がいらっしゃいました。
私がアメリカの大学への留学経験があるのを知り、
息子さんのアメリカ留学の件でいろいろ教えて欲しいとのことでしたので、
仕事後に紹介者と食事がでらお話することになりました。
お聞きしたところ、かなり優秀な息子さんで、
私の勘ですが、いずれはアメリカで暮らすことになるのではないかと予想します。
どちらにせよ、素敵な留学生活を送れることを願ってやみません。

category: 留学日記
tags:

借金の返済後にお金が戻ってくるとは、なかなか考えられないですよね。
特に年齢が若い時に一時的に借りていたことなんて忘れていたりもしますので、
見落としている方もいるかもしれません。
今一度過去のキャッシングを見直してみてはいかがでしょうか。
というのも知人がたまたま知ったことでアイフルの過払い金が戻ることになり、
これによりアメリカの大学へ語学留学する資金が早く貯まったと喜んでおりました。
多めに払っている認識なんてないので、ほんと見直しは大事ですよ。

category: 留学日記
tags:

アメリカ留学時代にお世話になった人はたくさんいます。
これから留学する人も、きっと素敵なアメリカの友人ができることでしょう。
何年経ってもずっと、繋がっている感覚は多くの人が感じられると思います。
ところで、最近、留学から帰ってきた人たちから、
ホームステイ先に何を贈ると喜ばれるかといった質問が多いのですが、
私の経験では、日本の伝統芸術作品が良いかと思います。
例えば、ひな人形や破魔弓、羽子板、五月人形など…。
反響がすごかったですよ。

category: 留学日記
tags:

知人の子供さんが留学されました。
子供だけでという事で、若いのに凄いなと関心させられました。
よく見かける留学経験者の自伝的ビジネス書などで
「英語はさっぱりだったがあっちにいたら自然になんて」トンでもな事を見ますが、
その子供は、私の見る限り日常会話であれば自然に会話が出来ていました。
そんなできた子供に先日親が困った事がないかと聞いたらしいのですが
「炊事場に給湯器がない」と。その方は「さすがにそれは我慢して」と言ったらしいです。
給湯器は送れませんからね(笑

category: 留学日記
tags:

アメリカ留学を控えた知人のために、レクチャーをしようと、
アメリカ留学経験者が集まる会(飲み会ですが)を計画しています。
まあ、ただ飲むだけでなく、情報交換の意味もあるので、あらかじめメールで
みんなからアメリカ留学情報を集め「しおり」にして渡すことにしたんですよ。
取りまとめ役が私なんですが、いよいよ出力という段でまさかの水道トラブル
業者を呼ばざるを得なくて3時間ほど中断、これは睡眠時間を削らないとな…。
まとめはまた。

category: 留学日記
tags:

英語の学習のために、英語の本を手当たり次第読んでいます。
本を読んでいて思うのは、日本語に訳すからというわけではなく、
日本人とアメリカ人の物の考え方や感じ方って、全く違うといっても過言ではないな、
ということです。白黒はっきりしているのはアメリカ人かな、
あと唐突に話題が変わったり、ダイナミックな展開があったり…。
これが普通のアメリカ人の生活だったりするんです。
冒険小説かと思って読んでいたら、排水溝つまりの修理屋さんのエッセイ本だったという、
そんなオチに笑いました。